社会恐怖症からの克服法について

対人恐怖、あがり症、赤面恐怖、視線恐怖などで悩んでいる方へ少しでも解決できる克服法をお話していきたいと思います。

社会恐怖症からの克服法の記事一覧

スポンサーサイト

【“スポンサーサイト”の続きを読む】

子供の社会不安障害

子供の社会不安障害は、この子は癇癪を起こしやすくて人見知りな性格なんだと思い込んで見過ごしてしまったり、自閉症やアスペルガー症候群など、別の病気と間違われてしまうこともあるようです。大人に比べると発症率は低いですが、幼い子供であっても社会不安障害を発症してしまう可能性はあります。発症する年齢の平均は、11歳から12歳で、5歳前後と12歳前後に、発症のピークを迎えるという説もあるみたいです。社会不安障害の...

【“子供の社会不安障害”の続きを読む】

不安障害の薬の種類

不安障害の薬の種類には、大きく分けると、抗不安薬と抗うつ薬の二種類あります。症状によっても違いますが、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの抗うつ薬を処方されることが多いでしょう。社会不安障害の場合は特に、セロトニン再取り込み阻害薬が効果的だといわれています。パニック障害には、セロトニン再取り込み阻害薬やスルピリドなどの抗うつ薬とベンゾジアゼピン系の抗不安薬を...

【“不安障害の薬の種類”の続きを読む】

不安障害の克服法

不安障害の克服法として、様々な方法が考案されています。認知行動療法、森田療法、自己催眠法、自立訓練法、不安障害克服マニュアル、マインドサポートプログラムなど、一般的な治療法として行われているものから、カウンセラーやセラピストなどが独自に開発したものまで、色々あるのです。薬物療法や伝統的な精神療法では、不安障害を克服できないと感じたら、即効で効果があると宣伝している克服法のマニュアルやマインドサポー...

【“不安障害の克服法”の続きを読む】

不安障害の症状は?

不安障害の症状について、簡単に説明したいと思います。社会不安障害→外食、人と目が合う、知らない人に会うなど、普通の人はあまり緊張や不安を感じないような時にでも、強い緊張と不安を感じ、動悸、手足の震え、発汗、赤面、話せなくなるといった症状が起こります。全般性不安障害→人によって不安を感じる要因は様々で、頭痛、めまい、そわそわして落ち着かない、吐き気やのどのつかえなど、色々な症状が出ます。注意力が散漫に...

【“不安障害の症状は?”の続きを読む】

不安障害の治療

不安障害の治療については、投薬による薬物療法が一般的です。薬物療法にカウンセリングを併せると、さらに治療効果があがるといわれています。お薬で症状を緩和して、カウンセリングでお薬がなくても不安障害の症状が出ないようにしていくという感じです。不安障害の治療は長引くこともありますが、決して治らない病気ではありません。一人で悩んでいると、ますます症状が悪化してしまうこともあるので、勇気を出して治療してみま...

【“不安障害の治療”の続きを読む】

«前のページへ | HOME | 次のページへ»

おすすめ
カテゴリ
SADについて (7)
うつ病 (11)
不安障害 (6)
最新記事
月別アーカイブ
  • seo


お得にトライアルセット
Ranking
RSSリンクの表示
リンク

QRコード
QRコード

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。