スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

SAD 社会不安障害を理解する

まずはSADについてお話します。しっかりと病名を理解することも大事だと思います。

SAD(エス・エー・ディーと呼びます)とはアメリカ精神医学会によって命名された病名の略称です。社会不安障害(Social Anxiety Disorder)のことです。

SADは人前で話したりするような注目を浴びる行動に不安を感じる病気です。単なるあがり症とは違いますのでご注意ください。

SAD患者は初対面の人やまだ数回しか会っていない人との会話、人前でのスピーチ・発言、人前での食事、会社での電話応対などに、非常に強い不安や緊張、恐怖を感じてしまい、手足の震え、吐き気、赤面、めまい、うまく言葉が出ないといった症状が現れます。

15歳くらいの思春期に多いと言われており、ニート引きこもりの要因になっていると考えられています。そして、症状が慢性化すると、うつ病やパニック障害などを併発する恐れがあるため、早期の発見、治療が必要不可欠となってきます。

日本国内では、約300万人以上のSAD患者がいると言われております。決して珍しい病気ではありません。15歳くらいの思春期に発病しなくても、30代、40代で会社で管理職について、人前で発言する機会が多くなることで発症するケースも多いようです。

SADは精神科での薬物療法精神療法で症状が改善されてきます。特に、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言います)が非常に効果的で、服用を続けることで劇的に症状が改善するSAD患者さんも多いようです。

SADの症状は日常生活にも影響が出てしまいます。SAD患者はうつ病よりも自殺を考えてしまうケースが多くです。それだけ、苦しみ、悩んでしまう患者さんが多いということです。SADになってしまったら、一人で悩まず、勇気を出して早めに精神科へ相談しに行きましょう。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

社会恐怖症からの克服法について

対人恐怖、あがり症、赤面恐怖、視線恐怖などで悩んでいる方へ少しでも解決できる克服法をお話していきたいと思います。

«人見知りを知る | HOME | »

おすすめ
カテゴリ
SADについて (7)
うつ病 (11)
不安障害 (6)
最新記事
月別アーカイブ
  • seo


お得にトライアルセット
Ranking
RSSリンクの表示
リンク

QRコード
QRコード

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。