スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

うつ病の薬

神経の働きを活発にするドパミンノルアドレナリンセロトニンなどの量の調節が、抗うつ薬の働きです。

抗うつ剤は、たくさんの種類が挙げられます。しかし、他の病気の薬と同じように、海外では幅広く使われていても日本では認められていないというものも多くあります。

うつ病患者は、ビタミンB群が不足していると言われています。最近は、抗うつ剤とビタミンBの併用も増えているようです。

・モノアミン酸化酵素阻害薬【MAO阻害薬】
・三環系抗うつ薬【TCA】
・四環系抗うつ薬
・トリアゾロピリジン系抗うつ薬【SARI】
・選択的セロトニン再取り込み阻害薬【SSRI】
・セロトニン・ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)再取り込み阻害薬【SNRI】

など、このような薬が現在の日本でよく使われている抗うつ剤です。

すでにお分かりかとは思いますが、抗うつ剤は、他の薬と同様に副作用の恐れがあります。

近年、前向きに生きる気分を持とうと「ハッピードラッグ」と名付けて抗うつ剤を服用する例が増えているようですが、これは非常に危険なことです。

薬の服用は、自己判断せずに必ず医師の診断のもとでおこないましょう。抗うつ剤以外の薬を服用している場合や服用していなくても持病がある場合も、必ず処方前に医師に相談してください。かえって悪化してしまう恐れがあります。

また、薬の飲みすぎ(量が多すぎ)で、うつ病が長引いていたり、症状が悪化しているというケースが最近増えています。あまりにも多くの薬を処方されたり症状がよくならない場合には別の病院に行ってみることも解決方法の一つです。




[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

社会恐怖症からの克服法について

対人恐怖、あがり症、赤面恐怖、視線恐怖などで悩んでいる方へ少しでも解決できる克服法をお話していきたいと思います。

«家族のうつ病 | HOME | うつ病 病院»

おすすめ
カテゴリ
SADについて (7)
うつ病 (11)
不安障害 (6)
最新記事
月別アーカイブ
  • seo


お得にトライアルセット
Ranking
RSSリンクの表示
リンク

QRコード
QRコード

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。