スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

うつ病と性障害の関係

うつ病性障害は強迫性障害との共通点が多く、密接に関係していることが多い病気です。

うつ病性障害については、うつ病として割と一般的に認知されていますが、それでも、誤解や無理解の多い病気だと思います。うつ病は放っておくと、死に至る病です。

「心の風邪」なんて表現されますが、風邪のように安静にしていれば治る病気ではありません。適切な治療を受ければ症状が改善しますが、何が適切な治療かは患者によって異なります。

薬物療法で治る人もいれば、心理療法(カウンセリング)が有効な人もいますし、認知行動療法で治った人もいるので、何が自分にとって効果的な治療法なのか模索する必要があるのです。

うつ病で気力も行動力も極端に低下している時には、一人でうつ病の治療法を探すのはとても困難で、ますます絶望してしまう人も少なくないでしょう。

うつ病は劇的に治るということがほとんどなく、少し改善しては戻りを繰り返すことが多いので、「うつ病がよくなったと思ったのに治ってなかった!」という失望感からうつ病がひどくなることもあります。

一方、強迫性障害は、鍵を何度も確かめずにいられない、何度も手を洗わないと汚い気がして耐えられない、自分が他人に不快感を与えてしまうのではないかと心配でたまらないなどの症状が出る病気です。以前は、強迫神経症と呼ばれていました。

サッカー選手のデビッド・ベッカムがカミングアウトした病気としても知られています。抗うつ薬の投与や認知行動療法で改善されることが多いのも、うつ病性障害と強迫性障害の共通点です。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

社会恐怖症からの克服法について

対人恐怖、あがり症、赤面恐怖、視線恐怖などで悩んでいる方へ少しでも解決できる克服法をお話していきたいと思います。

«仮面うつ病とは? | HOME | うつ病と自殺»

おすすめ
カテゴリ
SADについて (7)
うつ病 (11)
不安障害 (6)
最新記事
月別アーカイブ
  • seo


お得にトライアルセット
Ranking
RSSリンクの表示
リンク

QRコード
QRコード

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。