スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

不安障害の薬の種類

不安障害の薬の種類には、大きく分けると、抗不安薬と抗うつ薬の二種類あります。

症状によっても違いますが、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの抗うつ薬を処方されることが多いでしょう。

社会不安障害の場合は特に、セロトニン再取り込み阻害薬が効果的だといわれています。

パニック障害には、セロトニン再取り込み阻害薬やスルピリドなどの抗うつ薬とベンゾジアゼピン系の抗不安薬を使うことが多いようです。

全般性不安障害の場合は、ベンゾジアゼピンやブスピロンなどの抗不安薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(ベンラファキシン、パロキセチンなど)のような抗うつ薬もよく使われます。

不安障害で薬を処方された際には、どのような効果と副作用がある薬なのか、しっかりきいておきましょう。眠気を伴う薬やアルコールと一緒に服用するととても危険な薬もあります。

副作用がきついようなら、他の種類の薬に変えてもらうこともできるはずですから、我慢しないで医師に相談してください。症状がよくなってきたからといって、自分勝手な判断で薬の服用を中断すると、頭痛や吐き気などの離脱症状が出てしまうことがあります。

医師の指示通りに服用するように心がけましょう。不安障害の薬と一緒に他の病気の薬やハーブ、サプリメントなどを服用したい時にも、医師に相談することをオススメします。薬の飲み合わせによって、薬の効果が弱まったり、副作用が強くなってしまうことがありますから注意が必要です。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

社会恐怖症からの克服法について

対人恐怖、あがり症、赤面恐怖、視線恐怖などで悩んでいる方へ少しでも解決できる克服法をお話していきたいと思います。

«子供の社会不安障害 | HOME | 不安障害の克服法»

おすすめ
カテゴリ
SADについて (7)
うつ病 (11)
不安障害 (6)
最新記事
月別アーカイブ
  • seo


お得にトライアルセット
Ranking
RSSリンクの表示
リンク

QRコード
QRコード

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。