FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

うつ病を理解する

うつ病とはなにか、簡単にまとめてみました。

・近年増加傾向
・一生のうち、7人~15人に一人がかかると考えられている
・女性がこの病気にかかる確率は、男性の2倍である
 (妊娠・出産や更年期の時期になる人が多いため)
・真面目な人、正義感の強い人の方がかかりやすい
・一般に病名が広まる前は、「怠け病」とも呼ばれていた
・近年は、「こころの風邪」と呼ばれている

これぐらい挙げると、ちょっと前に話題になった病気のことが浮かぶ方もいるかもしれません。そうです。これは「うつ病」について述べています。

この病気は、日常のありふれた症状が多く、結構見逃されがちです。
しかし、放っておくと「死」につながりかねない病気なのです。


がんばればなんとかなるという精神論ではなく、
病気であるということをしっかりと理解し、精神科を受診することが自分が良くなることへの近道となります。

うつ病という言葉が、今のようにまだ知り渡っていないころは、周りからは怠けていると見られてしまい、自分自身も落ち込んでいるだけだ、自分ががんばっていないだけだと思い込みをしてしまい、病院に行かずに一人で抱え込んでしまうケースが多くみられました。

現在では、「うつ病」という言葉自体は広く浸透います。
しかし、実際にはまだまだ「うつ病」について理解されていないのが現状です。
7~15人に一人が「うつ病」になる時代。

たとえ自分がうつ病にならなくても、職場の人や友達など身近な人を含めて考えると、うつ病の人と接することはこれから増えてくると思います。
私たちも、接する時に気をつけたいことをしっかりと理解しておく必要があると思います。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

社会恐怖症からの克服法について

対人恐怖、あがり症、赤面恐怖、視線恐怖などで悩んでいる方へ少しでも解決できる克服法をお話していきたいと思います。

«うつ病での症状 | HOME | 対人恐怖症の原因を理解する»

おすすめ
カテゴリ
SADについて (7)
うつ病 (11)
不安障害 (6)
最新記事
月別アーカイブ
  • seo


お得にトライアルセット
Ranking
RSSリンクの表示
リンク

QRコード
QRコード

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。